セレブリティに似せたセックス・ロボットの時代が訪れる?すでに開発を進めるアメリカの企業があるらしい

f:id:loveandsex:20161229123752j:plain

 

すでに過去20年間にわたってセックス・ロボットの開発に取り組んでいる企業がある。

 

アメリカの会社「Abyss Creations」だ。

 

この会社は2017年には、人肌の温かさをもつ「性器」を備えた新しいモデルを発表する予定になっているという。

 

奇妙な世の中になる、という意見も多い。

 

しかしセックス・ロボットの需要は大きくなるという予想をする人も同じく多い。

 

このAbyss Creationsが発表を予定しているロボットは、なんと自分の好きな有名人を指定すると、その人にそっくりなセックス・ロボットを作ってくれるというのだ。

 

将来、セレブリティたちは自分のイメージをライセンス販売し、それに合わせたセックス・ロボットの作成を許可する時代が来る、と予想している本もある(『Love and Sex with Robots』David Levy著)。

 

さらに、単に外見だけを本物に似せたロボットを作るだけでなく、局部が脈拍のような微妙な感覚を起こすことも可能になるという。

 

自分が選んだセレブリティ特有の表情やリアクションなどもロボットに組み込まれるようになるらしい。

 

2016年にはスカーレット・ヨハンソンの大ファンが、本物そっくりなロボットを製作して話題になった(※セックス・ロボットではない)。

 

このロボットは、「君はきれいだね」と声をかけると嬉しそうなリアクションをするなど、それまでにない特徴を備えていて世界を驚かせた。

 

VR動画  

 

www.indy100.com