草食化は日本だけじゃない 米国でも20年前と比べてセックスの回数が減少していることが判明

f:id:loveandsex:20170309223057j:plain

 

サンディエゴ州立大学などが行った調査によると、現代人たちは20年前と比べてセックスの回数が少ないことが判明した。

 

1990年代前半と比べると年間7回分、1990年代後半と比べると9回、それぞれセックスの回数が少ない。

 

これは全米27,000人を対象にした調査の結果で、対象者のうち96%がストレートの男女。

 

調査対象となった年は1989年から2014年で、それぞれの年が終わるときに「今年どれくらいセックスをしましたか?」という質問をした。

 

その結果、アメリカの大人たちは1990年代に比べて2010年代はセックスの回数が減っていることが判明した。

 

セックス回数の減少は人種、性別、宗教、子供の有無などとは関係なくみられる全体的な傾向。

 

また成人の中でも、年齢が高くなるほど年間セックス回数は減っていくという。

 

25歳以降、一歳ごとに1.18回ずつ年間セックス回数は減ってゆくという傾向がみられた。

 

研究者たちの見解では、この回数の減少は男女関係のありかたが変化した結果である、という。

 

現代は男女が付き合いだしても長い間続けない(続かない)場合が多く、そのため長期間のパートナーシップが築かれない傾向が強い。

 

関係が長期間であるほど年間セックス回数は多くなるのだ。

 

またソーシャルメディアで時間を使うことが多くなった結果、パートナーとの時間が減っていることも原因として指摘されている。

 

しかし「よいセックスライフ」というのは回数の多さだけの問題ではない、ということに気づくことも必要だろう。

 

量よりも質のいいセックスを追求したほうがいい。

 

大して盛り上がらないセックスを週に3回するよりは、お互いに満足のいくセックスを週に1回したほうが幸せなセックスライフと言える。

 

だから、もしあなたが頻繁にセックスをしていないとしても、それは問題ではない。

 

あくまで質の良いセックスをしているか、それを考えるようにしたい。

 

 

 

 

metro.co.uk